次世代研究大学をつくる

先進研究の創造を通じて

立命館学園が掲げる、
学園ビジョンR2030 挑戦をもっと自由に
のもと、
立命館大学では
チャレンジデザインを策定しています。
人類に共通する社会課題を解決するため、
社会共生価値の創造とイノベーションに取り組む
「次世代研究大学」の実現を目指します。
Ritsumeikan Advanced Research Academy
(立命館先進研究アカデミー)は、次世代研究大学として、
未来社会に貢献する新しい研究分野の創出を
目指して設立されました。
RARAとは、立命館大学の先導的・先進的研究拠点の形成に向けてリーダーシップを発揮することが期待される中核研究者の集まり(アカデミー)のことです。
RARAを基盤にする研究者(RARAフェロー)は、本大学の核となり、他の研究者を巻き込み、先進研究を構想・企画・牽引することを目指します。
RARAには、RARAフェロー同士の融合や他大学・他研究機関との連携を通じて、
新たな価値を生み出す先進的な学際研究拠点の創成に結びつける役割を
担う狙いもあります。互いに異分野の研究を理解し、
それらを融合した
新たな研究分野、
学際領域を創造することで、
世界と伍する先進研究拠点の
早期実現を目指します。
先進研究拠点の創造と共生価値の創成
RARAコロキアムとは、RARAフェローがそれぞれの目標達成に向けて、
中核研究者としてのスキルを研鑽する場です。RARAフェロー同士が切磋琢磨しあい、
新しい学術領域・先進研究の創生に向けた活動準備を行います。
RARAコモンズでは、RARAでの活動で得られた研究成果の発信を中心に行います。
RARAフェローがNodes(結合点)として、
他の研究者や研究機関と繋がりをもつことで、
研究活動のさらなる加速をはかります。

RARA
RKN (Ritsumeikan Knowledge Nodes)およびRARAの理念を深く理解するとともに、達成目標の実現を通じて、多様な研究者を繋ぐNodes(結合点)となることを志向すること。
共創
多様な価値観や文化、習慣を尊重し、地域や国籍にとらわれることのない研究パートナーシップの構築を追及するとともに、他者に配慮した包括的なリーダーシップを発揮すること。
変革
本大学を中心に国内外の研究者を結集した学際融合研究の実践に向けた戦略とビジョンを示し、次世代研究大学を牽引する社会共生価値を創出すること。
信頼
世界水準の研究・教育を展開する研究者として国際社会から広く信頼されるとともに、国際通用性のある先進研究アカデミーとしての認知度向上に努めること。
立命館大学はRARAの取り組みを通じて、
強い個、リーダーとなる多様な
トップ研究者が学際的国際的に繋がり合うことで、
未踏領域の研究を進め、
その成果を国際的に発信し、
社会にインパクトを与えることに努めていきます。

TARO YAMADA

山田 太郎

研究タイトルがはいります。研究タイトルがはいります。研究タイトルがはいります。

    • 2022/09/09

      松村浩由アソシエイトフェローが日本結晶学会学会賞 学術賞を受賞

      松村浩由アソシエイトフェローが、「光合成における炭素同化反応の構造生物学研究」をテーマとした研究において、日本結晶学会学会賞 学術賞を受賞しました。本研究については、20221126-27日の関西学院大学で開催される同学会年会での学術賞受賞講演で発表する予定です。詳しくはこちらをご覧ください。

    • 2022/09/08

      NHKコズミックフロント「コスケール 海に沈む古代洞窟」が放送

      中川毅フェロー、北場育子アソシエイトフェローが取材協力を行ったNHKコズミックフロント「コスケール 海に沈む古代洞窟」が2022年9月15日に、NHK BSプレミアムで放送されます。詳しくはこちらをご覧ください。

    • 2022/08/31

      高橋政代フェローがEMBO-Japan virtual lectureに登壇

      高橋政代フェローがEMBO(European Molecular Biology Organization)と神戸アイセンターが主催するバーチャルレクチャーに登壇します。「Molecular and clinical approaches to restoring visual function」と題して、視覚路の構造・機能及び治療に関する研究が専門のBotond Roska氏、網膜疾患治療の開発を進める高橋政代フェローと増田智浩氏が登壇し、モデレーターを前田忠郎氏が務めます。プログラムの詳細およびウェビナー登録はこちらからご覧ください。

    • 2022/08/26

      小西聡フェローの研究成果がEurekAlert!に掲載

      小西聡フェローらの研究成果が、立命館大学大学院理工学研究科の玉寄あすかさん(博士課程 前期課程 2021年度修了生)、京都大学薬学研究科の樋口ゆり子准教授らと共同で、Hela細胞が入った数マイクロリットルの微量液滴に別の液滴を上側から接触させ、ピペットを用いないで異なる量のヒスタミンを供給し、供給したヒスタミン量の違いより、誘導される細胞のカルシウム振動現象強度に違いが出ることを実証しました。本研究成果は、2022年7月26日に、「Sensors and Actuators: B. Chemical」オンライン版に掲載されました。詳しくはこちらをご覧ください。

    • 2022/08/08

      野間春生アソシエイトフェローが「力触覚技術応用コンソーシアム研究会2022」に登壇

      2022年09月16日(金) に新潟大学で開催される「力触覚技術応用コンソーシアム研究会2022」に、野間春生アソシエイトフェローが登壇します(報告テーマ:MEMS触覚センサを用いたAI識別と応用、新しい超小形アクチュエータ)。プログラムの詳細および参加申し込みはこちらからご覧ください。

    • 2022/08/08

      なら歴史芸術文化村にて、有形文化財のデジタルコンテンツを出展

      2022年3月に開館した「なら歴史芸術文化村」(奈良県天理市)の企画展「文化財研究中!−なら歴史芸術文化村×連携4大学−」において、田中覚フェローらの研究成果である有形文化財のデジタルコンテンツを9月19日まで出展しています。本大学アート・リサーチセンター、天理大学、奈良県立大学、東京藝術大学との連携協定を締結しており、本企画はその一環での活動となります。詳しくはこちらをご覧ください。

       

    研究部 RARAオフィス