西浦 敬信

RARAアソシエイトフェロー

音響 × 心理イノベーションが共創するユニバーサルサウンドスケープ社会の実現

音響 × 心理イノベーションが共創するユニバーサルサウンドスケープ社会の実現

SCROLL

FELLOW PROFILE

2001年奈良先端科学技術大学院大学 情報科学研究科修了。博士(工学)。
和歌山大学 システム工学部 助手、立命館大学 情報理工学部 助教授、准教授を経て、2014年より教授(現職)。

「音」のデザインを通じて、だれもが安心して安全に暮らせる街づくりを実現したい

先進的音響インフラを街づくりに活用することで、誰もが安全・安心に包まれる社会を実現したいと考えています。特にピンポイント音響技術に心理学を取り入れた音響×心理イノベーションにより、街中のあらゆる音を理解・認識し、街がひとに音で情報を伝えるユニバーサルサウンドスケープ社会を実現することで、誰一人取り残さない住み続けられる街づくりを実現することを目指しています。もの・ひと・まちが一体となった未来社会を産学官および市民により共創していきたいです。

 

もの・ひと・まちが一体となった未来社会の創造には、立命館学園が掲げるRitsumeikan Knowledge Nodes(RKN)を体系化する必要があると考えています。本研究テーマを推進することで分野横断型の学際研究をまとめるだけのリーダーシップや研究推進力が身につくと感じたため、このテーマを選択しました。

 

わたしの目標は、音の先進的研究拠点形成に基づく立命館音響ブランドを確立することです。
そのためには、音響技術に心理学的知見を取り入れた新たな音のデザイン研究領域を確立し、海外企業との産学連携によるサウンドスケープ社会の基盤構築を目指していきます。さらに多様な研究者らと連携/共創した研究成果の創出しアウトリーチ活動を重点化していきます。また、音の先進的研究拠点形成に向けて産学官連携プロジェクトの採択を目指していきたいと思います。

 

音のデザイン領域を社会形成に応用することで、未来社会の創造に大きく貢献できると考えています。

 

―― パートナーシップについて

目標を共有できる多様な研究者、具体的には文社系研究者、企業研究者、女性研究者、海外で活躍する研究者らとパートナーシップを組んで、大型の産学連携プロジェクトに挑戦したいと考えています。

 

―― 研究連携で大切にしていること

連携においては、目標やビジョンの共有/共感を大切にしたいと思っています。ビジョンに共感し共創可能な国内外の大学や研究機関と連携することで、互いに成長できると考えています。

最新の研究活動レポート

2022/09/03

2022年9月3日、4日に東京ビックサイトおよびオンラインで開催される「Maker Faire Tokyo」に、MxD研究室(野間春生研究室)と音情報処理研究室(西浦敬信研究室)が出展します。展示では、“あなただけに聞こえて香る環境” をテーマとして、最新の香りと音を操るVR技術を紹介しています。このような技術を駆使して、日常の中にバーチャルリアリティを持ち込み、多様なニーズを求める現代の生活を少しでも豊かにする仕組みを紹介します。Maker Faire Tokyoの詳細はこちらからご覧ください。

2022/07/23

研究活動がTBS「叡智のムダ使い」で紹介されました。8月6日まで見逃し配信サイトTverで配信されています。

2022/06/06

2022年6月6日、13日に、MBSラジオ「池内ヨシカツour sound」に出演し、研究成果について紹介しました。

2022/03/26

読売新聞(2022年3月26日)に、西浦研究室の研究成果のひとつである「騒音の快音化」が紹介されました。

2022/01/01

音声強調に関する論文(”Demodulated sound quality improvement for harmonic sounds in over-boosted parametric array loudspeaker”)が、国際雑誌Applied Acousticsに掲載されました。論文はこちらからご覧いただけます。

2021/10/01

ピンスポットオーディオに関する論文(”Analysis of derivative of instantaneous frequency and its application to voice activity detection”)が、国際雑誌Applied Acousticsに掲載されました。論文はこちらからご覧いただけます。

2021/10/01

グランフロント大阪ナレッジキャピタル「The Lab. みんなで世界一研究所」に、西浦研究室の研究成果「糸なし糸電話」を出展しました(2021/10/1-2022/1/12まで)。詳しくはこちらをご覧ください。

紹介写真

NEXTPREVDRAG
/